気晴らしたち

不倫の恋も恋は恋!?そう思えなくなったら終わるのでしょうな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯意

乃南アサ「犯意」を読みました。





様々な犯罪と、その罪を法律的に説明した解説がセットになった短編集。

小説として読むにはちょっと異色かもしれません。
犯罪部分は短編小説として描かれるけれど、結末が無いので。

この後どうなるの⁉
っていうところで話は終わり、
突如この犯罪についての解説が始まります。
ので、普通の小説を期待して読んでいると、
かなりもやもやします。


コンセプト的には、
もしあなたが裁判員になった時には、
こういう所を考慮して、
こういう風に罪を判断しなくてはいけない。
というような指南書ですな。

おもしろかったし、短編集なのですぐに読み終わるけど、
やっぱり小説としての結末を求めてしまうので、
続きは?ってなりますよ。

そして、裁判員には出来るだけなりたくないなぁ…、と思ってしまいます。
人の罪を法律的に判断するって、
やっぱり素人がクビ突っ込むもんじゃないんじゃないでしょうか?

絶対情で左右してしまうもの。
ものすごい美人が涙流しながら
「反省しています、もう絶対しませんから」
っていうのと、不細工なひとが涙ひとつ見せず、でも
「反省しています、もうしません」
って言うのじゃ、同じ罪でも絶対違う判決出そうじゃない?

ま、そこを修正するプロが必ずついているから、ってことではあるんでしょうが。


以上、大学は法学部にいたくせに、何も覚えていない私の感想でした。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urarahana.blog50.fc2.com/tb.php/730-f8554da2

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

urarahana

urarahana

人生、色々あります。
でも何となく、楽しくすごせればいいなぁ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。